アウルデンタルクリニックの

歯周病治療

ネット受付(初診)
歯周病治療

歯を失う原因の1位は、むし歯ではなく、歯周病です

アウルデンタルクリニック

歯周病(歯槽膿漏)は、日本人の30代で80%以上、40代で90%以上の人が感染している病気です。

歯周病は気づきにくい病気です。

しかし、歯周病の進行は、自覚症状がほとんどありません。痛みがなく、気付いた頃には既に進行していることがあります。痛みや腫れ、起きた時のお口のネバつきなどの症状に気づいたときには、すでに悪化している状態という場合が多いです。

成人の抜歯の原因でもっとも多い割合を占めているのが歯周病で、早期発見が治療の鍵となります。

歯周病とは、歯の歯茎に近い部分についた「歯垢(プラーク)の中にいる、細菌=歯周病菌」によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の間についた歯垢から歯周病菌が侵入し、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。そのまま放置しておくと、歯を支える歯槽骨溶かし、最悪の場合には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の進行と過程

つぎのような経過をたどって悪化していきます。非常に進行に気が付きにくい病気です。違和感を感じたら当院までお越しください。

歯周病は生活習慣病の一つともいえます。喫煙習慣や肥満、糖尿病なども進行に深く関係してきています。

歯肉炎

歯肉炎

歯肉溝に歯垢がたまり炎症を起こしています。触れると出血することもあります。
丁寧なブラッシングで改善することもありますが、一度御来院頂き状態をチェックすることをおすすめします。

軽度歯周病

軽度歯周病

歯と歯茎の隙間が大きくなり詩集ポケットができてしまっています。
歯を支える歯槽骨にも影響が出てきています

中程度の歯周病

中程度の歯周病

炎症が広がり、歯槽骨の半分まで破壊され、歯がぐらつき始めました。
口臭も悪化が始まっています

重度歯周病

重度歯周病

歯槽骨が半分以上壊されており、歯はグラグラし抜歯の必要性が出てきています。

アウルデンタルクリニック

プラークコントロール

歯周病の予防、治療ともに基本はプラークコントロールです。

プラークコントロールとは、歯周病の原因である『歯垢』の増殖を抑えることに重点を置いた予防・治療法です。まずはご家庭での歯磨きを見直し、正しいブラッシングをマスターしましょう。

正しい歯みがきの方法をお伝え(ブラッシング指導)いたしますので、ご家庭での予防・治療にうまく取り入れていっていただきたいと思います。

スケーリング(ヤニ取り・歯石取り)

歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラークをしっかりと取ることなのですが、歯石の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、また、一度付いたプラークが落ちにくくなります。

したがって、この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善していきます。
歯石は通常の歯みがきでは取ることができない上、90パーセント以上の人にあります。
しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で取ってもらう必要があります。

何よりも定期的な確認が大切!

その他禁煙など生活習慣の改善なども効果があります。まずは定期的なチェックを行い早期発見に努めましょう。当院では3カ月に1度程度の口腔内チェックをお勧めしております。

アウルデンタルクリニック

診療内容

患者さんのあらゆる症状や様々なご要望に沿った治療ができるよう、豊富な診療科目で皆さんの健康をサポートします。
患者さんにとってベストな選択のお手伝いを致しますので、ご不明な点や不安な点は是非ご相談ください。

  • 一般歯科
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • ホワイトニング・審美歯科
  • 咬み合せ治療
  • 口腔外科
  • 訪問診療